白血病の初期症状や治療方法
白血病克服者がお勧めする治療方法や名医に聞く最前線の治療方法も好評。
スポンサーリンク

トップページ

白血病とは、血液のがんのことですが不治の病ではなく完治できる病気と言われているので諦めないで下さい。
血液細胞は骨髄の中にあり、弱い細胞が分化して白血球、赤血球、血小板になります。

白血病

白血病にかかった場合でも化学療法や造血幹細胞移植で治せるので信頼できる病院で診断を受け、医者とご自分の症状に応じて治療方法を組み立てて実行すれば治るのであきらめることはありません。

人間の体の中には白血球、赤血球、血小板の血球成分があります。血球成分(白血球、赤血球、血小板)は、骨の中心部で生成されます。リンパ球(白血球)が免疫になり全身に散在し、この細胞が悪性化したものがいわゆる「がん」であり、白血病・悪性リンパ腫・造血器悪性腫瘍と呼ばれるものです。

スポンサーリンク

治療方法は、開腹手術をする必要はなく、抗がん剤による化学療法をするのが最近では一般的になっております。この化学療法でも完治しないと判断された場合は、造血幹細胞移植療法で治療を行います。

発生原因

何故、白血病になるかというと元々、人間が持って生まれた遺伝子に突然異常ができて計画細胞死がスムーズに行われなくなり支障をきたしてしまうというものです。一般的に遺伝子は染色体があり、その一箇所がかけていたり、他の部分と交互に並べらりたりする現象でおこるものです。

この病気は本当に特殊なもので遺伝や隔世遺伝はありえないと考えられています。生まれながらではなく後天的にできるものが一般的です。最も多いのは何かしら癌にかかってしまい、抗がん剤治療をしていると遺伝子が破壊され白血病になりこともあります。

スポンサーリンク

その他には発がん性物質のある化学薬品や抗がん剤、紫外線でもおこると考えられています。

病院でおこなう検査

白血病の可能性がある場合で診察にいくと血液検査をするように言われます。どの病気も装ですが先ずは血液を分析してどいうふうに診断していくかを決めていき、最終的には病気を特定することになります。

血液検査で血小板や貧血気味ということがわかれば白血病を疑わなければいけません。
そしてその他の検査として染色体検査や細胞表面マーカー検査も行うほうがよいでしょう。

慢性骨髄性白血病

慢性骨髄性白血病慢性骨髄性白血病は自覚症状がなく健康診断で発見される場合がよくあります。この場合、抗がん剤はあまり効き目がないので、イマチニブを使用します。イマニチブは近年登場してきたもので以前はインターフェロンを使用しておりましたが、イマニチブのほうが、より副作用も少ないので実際に医師が使用する確立がかなり高いです。→慢性骨髄性白血病

急性白血病

急性白血病になった場合は主に抗がん剤を使用します。
使用する主な薬で白血病の場合アンソラサイクリン系の薬剤とシタラビンとを併用します。
化学療法で完治する確立は12%程度と言われており、小児の急性リンパ白血病の場合はで完治する確立は90%程度と言われております
続きはこちら→急性白血病

非ホジキンリンパ腫

非ホジキンリンパ腫は疾患の総称のことで多種に渡ります。主に
T細胞およびNK細胞リンパ腫とB細胞リンパ腫に分類されます。

白血病になりやすい年代

白血病白血病になる方を世代別に見るとやはり高齢の方が多いです。
これは高齢化社会になっているのが原因と考えられております。この病気に限らず他の癌でも高齢者の病気は年々増えております。

白血病になる場合、小児白血病という病気があるように3歳くらいの患者さんがとても多く、深刻な問題になっています。30代や40代で病気にかかる方は若干少なくなりますが、60歳代から少しづつ増えていきます。
そして男女比で比べると男性のほうが若干多いようです。