白血病の初期症状や治療方法
白血病克服者がお勧めする治療方法や名医に聞く最前線の治療方法も好評。
スポンサーリンク

トップページ>白血病とは

白血病とは

白血病とは血液のがんのことで、骨髄や血液の細胞が一定以上の数値を超えることです。
造血幹細胞が、がんになりそれから白血病細胞になり、その後無制限に増殖していきます。
血液は白血球、赤血球、血小板があり血球は造血幹細胞から作り出されていきます。

人間の体の中には強い細胞と弱い細胞がありそれぞれ枝分かれをしていき突然遺伝子が異常な状態になり、そこで血液が、がん化します。 タイプは2種類あり慢性のものと急性のもので骨髄性、リンパ性に分けられ4種類に分類します。

白血病になる原因としては喫煙(たばこを吸う人)する人、過去に喫煙をしていたことがある又は日々の生活において同じ空間で副流煙していた環境が一定期間あったかた。ウイルス感染したかたや女性で妊娠期間中にノンアルコール以外のお酒を飲まれていた方は胎児が病気になることも報告されています。
白血病は繊維状になっている染色体の遺伝子が変異をおこすことと考えられています。

スポンサーリンク

造血幹細胞


造血幹細胞は血赤血球、白血球、血小板の血液細胞を作り出す細胞のことです。 造血幹細胞はリンパ系幹細胞と骨髄系幹細胞があり、最終的に 顆粒球、血小板、T細胞、B細胞になります。
白血病はリンパ性白血病と骨髄性白血病があり、さらに急性と慢性のタイプがあります。

地域別白血病になる確率

白血病になる方で急性タイプの場合、子供が発症しやすく、慢性のものは大人がかかりやすいです。そして何故か西日本に患者さんが多いという統計が出ております。 男は熊本県が日本一位で、女性は宮崎県が日本一位です。

そして沖縄県や鹿児島県では何と全国平均の4倍もの方が白血病にかかっています。詳しい原因は分かっておりませんが、遺伝・食生活等が原因ではないかと考えられています。

年齢別の罹患率は新生児が極端に多く10歳前後まで右肩下がりで減少していき40歳くらいまでほぼ横ばいで推移し、50歳から極端に増えていきます。どの病気もそうですが、日本の平均寿命が延びているのでその分、病気の発症率も伸びるということです。

スポンサーリンク

世界との比較

白血病とは白血病になるのは日本より欧米が圧倒的に多いです。これは白血病に限らずほかのがんでも同じような傾向があるが、日本人の罹患率や死亡率は年々右肩上がりで増えてきている。しかし他のがんと違い白血病は国別ではさほど違いが見られないほどである。

白血病の今後

白血病は他の癌と同じように年々罹患率、死亡率共に上昇しており、今後も小児白血病及び成人の白血病がなくなることはないと考えられており、決定的な特効薬なるものも存在しないと言われております。しかし症状にあわせてしっかりとした治療を行うことで改善する確率が高いので、ご自分の病気を相談しながら完治に向けて頑張りましょう。