白血病の初期症状や治療方法
白血病克服者がお勧めする治療方法や名医に聞く最前線の治療方法も好評。
スポンサーリンク

トップページ> 白血病骨髄移植

白血病骨髄移植

白血病は、血液の癌と呼ばれている病気で正常な血液を作ることが出来なくなる病気ですが抗がん剤や放射線治療と骨髄移植により造血幹細胞を新たに復活させる事で正常な血液作ることが出来るようになります。

スポンサーリンク

骨髄移植の前におこなうこと

骨髄移植白血病の治療では、骨髄移植の前に大量の抗がん剤や放射能治療を行い、白血病細胞を消滅させますが、骨髄の中にある正常な造血幹細胞まで攻撃して 消滅してしまうので骨髄の中は空っぽの状態で血液を自分で作ることが出来なくなります。

新しい血を作る

骨髄の中にある赤血球・白血球・血小板を作る機能が、造血幹細胞になりますので血液を作る造血幹細胞を新たに骨髄に移植することで新しい血液を自分の体で作れるようになります。

スポンサーリンク

ドナー(骨髄提供者)との関係

骨髄移植骨髄移植は、ドナーと呼ばれている提供者の正常な骨髄細胞を移植する治療法ですが白血球の型が適合しないと移植する事が出来ず、適合確率が高いドナーとして兄弟姉妹で4人に1人の割合の25%・血縁関係が無いドナーの場合には、数百から数万分の1しかなく移植を待っている患者は非常に多いのが現状です。


自家骨髄移植という方法では、提供者が見つからない場合に前もって自分の骨髄液を採取し、白血病細胞がある場合には取り除き、凍結保存した骨髄を使う場合もありますが、白血病細胞があった場合、100%除去することは難しく再発の可能性が高くなる手段になります。