白血病の初期症状や治療方法
白血病克服者がお勧めする治療方法や名医に聞く最前線の治療方法も好評。
スポンサーリンク

トップページ> ATL白血病

ATL白血病

ATL白血病という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

白血病ATL白血病とは正式には成人T細胞白血病リンパ腫と言い、悪性リンパ腫の一種で、通常のリンパ腫や白血病と違い、ウイルスに感染することで発病します。

成人という名前の通り、ATL白血病は40代の方に多い病気です。
大抵の患者はリンパ腫から白血病になります。

スポンサーリンク

ATL白血病には4つの病型があります。

  • 急性型
    名前の通り、この病型は他のものに比べて病気の進行が早く、危険性の高い型です。
    ATL細胞が血液中で増殖しており、典型的なATL白血病と言われているのもこの急性型です。
  • リンパ腫型
    リンパ腫型はリンパ節で細胞が増えていきます。
    急性型と同じく、こちらも予後が大変不良であり、急性型になる場合も多いです。
  • くすぶり型
    くすぶり型は細胞の濃度は少なく、血液や皮膚に細胞は存在しているが、大抵の場合は治療しないで済む場合が多い。
  • 慢性型
    慢性型は血中に細胞は多いが病気の進行速度はゆるやかで症状が出ることは少ないです。

スポンサーリンク

治療

ATL白血病は病型によって治療が異なります。
急性型やリンパ腫型は早期の治療が必要となりますが、くすぶり型と慢性型は治療よりも長期の経過観測が主となります。