白血病の初期症状や治療方法
白血病克服者がお勧めする治療方法や名医に聞く最前線の治療方法も好評。
スポンサーリンク

トップページ>急性白血病

急性白血病

急性白血病急性白血病は幼若の白血病細胞が骨髄で増殖します。
近年、血球系統に基づいて病気診断が明確にされています。

1976年にアメリカ、イギリス、ドイツの研究グループにより白血病の病型が分類されるようになった。 急性白血病は血球減少症と組織浸潤からなり、血球の増減を基本として考える。 急性白血病は骨髄性とリンパ芽球性に分けらる。

スポンサーリンク

そもそもこの病気になる理由として考えられるのは、ある日突然、何の病気や体の不調がなくても遺伝子に異常が発生し、癌となる細胞が増殖を続けていくことになります。
急性白血病と呼ばれるものは2つあります。

急性リンパ性白血病

リンパ性白血病とは、血液の癌でリンパ球が骨髄で癌におかされたものをいい、リンパ節に達成する段階で発生する。
主に小児の2歳〜6歳頃に発症するとされております。

主な症状としては、肺炎、肺結晶等のような感染症の合併、息切れ、体のだるさ、貧血、皮下出血、鼻血、歯茎からの出血が考えられます。急性骨髄性白血病と比べてリンパ節等が腫れてきます。

スポンサーリンク

治療法としては、骨髄移植、抗がん剤治療、放射線治療が行われる。
治療成績については、一般成人で20%〜35%であるのに対し小児の場合、治癒できる可能性はかなり高く80%程度と方向されています。

急性骨髄性白血病

急性骨髄性白血病急性リンパ性白血病とは、小児には殆どなく一般成人に多く見受けられる。急性骨髄性白血病の治療方法としては、骨髄移植、抗がん剤治療、放射線治療があり、抗がん剤治療が殆どです。 治療成績については、寛解導入法で70%にも達しており治癒の確立が非常に高いと言われております。→寛解導入法

白血球の変化

白血球は体外からウィルスや細菌が何らかの理由で侵入してきた場合は、これを排除する機能を有しています。白血球の数値が減少してくると体がだるくなったり、発熱がでたり風邪に近い症状が表れます。さらに進行すると頭痛がしたり腹部に違和感を感じるようになります。

急性白血病検査

血病白血病や悪性リンパ腫の疑いがあるような場合、先生は始めに血液検査をしましょうと言います。白血病が疑われる場合もそうですが、病院では様々な病気を診断する際に血液検査はセットになっていると考えてもいいくらいに検査をしますが、この血液検査で人間のあらゆる症状が数値で判断できるからです。

急性白血病白血病治療

治療白血病の治療は殆どの場合科学療法になります。

治療の流れ

先ず年齢を考慮します。

  • 65歳未満の方であれば強力寛解導入法で完全寛解を経て寛解後療法とする。
  • 65歳〜70歳未満の方であれば、通常量寛解導入法で完全寛解又は非寛解。
  • 70歳以上の方であれば、生活環境を優先したAPLか分化誘導療法

急性白血病では年齢によって治療法がことなるので、造血幹細胞移植が第一優先順位になるわけではない。