白血病の初期症状や治療方法
白血病克服者がお勧めする治療方法や名医に聞く最前線の治療方法も好評。
スポンサーリンク

トップページ> 白血病治療

白血病治療

血液の病気である白血病は、体内を巡っている血液、血管を通り体中に白血病細胞を体中に運んでいきます。

体中に白血病細胞が行き渡るため、悪い部分だけを手術で取り除くことが出来ません。

白血病治療として利用されている治療法は、化学療法・放射線療法・移植療法があり、患者さんの症状や状態に合った治療が施されます。

急性白血病、慢性白血病の種類によっても治療法は異なります。

スポンサーリンク

化学療法

白血病化学療法は抗がん剤を用いた方法で、正常な細胞にも影響を及ぼすために、吐き気・脱毛・肝障害・下痢などの副作用が生じる可能性があります。

抗がん剤の副作用で体力が失われ、感染症などの合併症の心配もあり、白血病の症状が悪化することもあります。

化学療法は、白血病細胞を全てなくせる訳ではなく、腫瘍細胞の数を減らすことが目的です。

放射線療法

放射線療法は、化学療法との組み合わせでおこなわれ、白血病細胞を放射線で死滅させます。

スポンサーリンク

移植療法

治療移植療法は、化学療法、放射線療法をおこなった後、骨髄などの血液を作る能力がある細胞を植え替える療法で、一般的に骨髄移植と呼ばれています。

骨髄移植

骨髄移植は、抗がん剤の効果がない症状を改善、再発を予防する効果が期待出来ます。
骨髄移植は白血球の型が、提供ドナーと患者で一致しなければおこなうことが出来ません。