白血病の初期症状や治療方法
白血病克服者がお勧めする治療方法や名医に聞く最前線の治療方法も好評。
スポンサーリンク

トップページ> 白血病原因

白血病原因

白血病原因白血病原因は、今の医学をもってもハッキリ判っていない病気で、今判っている範囲で説明するなら、放射能を大量に浴びた場合に白血病になると言われています。

白血病も癌の種類になり、何らかの遺伝子異常が原因で発症するのではないかと考えられていますが生まれながらの遺伝子異常を持つ血液の病気になるファンコニー貧血やダウン症候群等も白血病になりやすいと言われています。

スポンサーリンク

なんらかの原因で遺伝子に傷がついて遺伝子異常となり、いくつかの異常が重なることで細胞が死なずに増殖し続ける白血病細胞となることで、細胞が癌化し白血病となります。

地域別の原因

HTLV−Iウイルスが原因と言われている成人T細胞白血病は、九州地方や四国地方の人が多いと言われており、EBウイルスが要因と言われているバーキット型白血病等もありますが、ウイルス感染したからと言って必ず発症する訳ではありません。

スポンサーリンク

主な原因

白血病の原因は、判りませんが発症しやすい人として先天異常・放射能・化学物質・電磁波・骨髄癌経験者・リンパ系癌経験者・有機物に長く触れた人・0〜9歳の子ども・50代以降の人のリスクが大きいと言われています。

白血病は、遺伝する病気ではありませんので完治した人の家族子どもだから発症するという原因はありませんし、色々な原因を考えてしまいがちですが、発症した場合、誰のせいでもなくどうしようもなかったと言える病気です。