白血病の初期症状や治療方法
白血病克服者がお勧めする治療方法や名医に聞く最前線の治療方法も好評。
スポンサーリンク

トップページ>白血病白血球

白血病白血球

白血球

白血病白血球とは、正常な血液成分中にある白血球の数やその機能に異常をきたしている状態の白血球のことです。 白血球は赤血球よりも割りと少なく1立方mmで4000〜8000程度あると言われております。

スポンサーリンク

主に5種類があり、好酸球、好塩基球、単球、好中球、リンパ球でこれらが協力しあって形成されていきます。

白血球の役割

主にウィルスや細菌のようなものが外部から体内に入り込んだ場合に、白血球がこれらを駆除するのです。

好中球は全体の半分程度も含まれているので、細菌等を一気に死滅させるような特色があります。

分類と種類

分類白血球と一口に言っても、実際にはもう少し細かく分類できます。好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球の5種類があり、それぞれがウイルスや細菌などの外敵から体を守ってくれているのです。

白血球数は、年齢や朝夕などの時間帯によっても数が増減しますし、運動や入浴、仕事などでのストレスによっても多少の変動があるのです。恒常的に白血球の中の好中球やリンパ球が増加していると、それは白血病白血球の典型的な例といえます。

白血球が増えたり減少したらどうなるか

増えると白血病にある確立がはるかに高くなります。逆に減ると治りにくい感染症である肺炎になったり、細菌のようなものが死滅しづらくなります。

白血病白血球によって正常な白血球が減少することによって、ウイルスや細菌などの病原体に対する抵抗力が著しく低下してしまいます。

スポンサーリンク

異常な白血球が血液中に増えてくると、熱が出たり体が疲れやすい体質になってきます。そして、風邪のような症状がひどくなり、女性の場合は生理が止まりにくくなったりします。