白血病の初期症状や治療方法
白血病克服者がお勧めする治療方法や名医に聞く最前線の治療方法も好評。
スポンサーリンク

トップページ> 白血病生存率

白血病生存率

白血病は数種類に分けることが出来る病気で、それぞれ生存率にも違いがあります。子どもがかかり易いのが急性白血病になり、その中の7割が急性リンパ性で2割が急性骨髄性と言われています。
子どもの場合、慢性の白血病には滅多にかからないというデータが出ています。

スポンサーリンク

進歩する治療方法

生存率昔は、白血病にかかった場合、生存率は非常に低く治らない病気としても有名でしたが10年前位からは、化学療法や放射線療法・骨髄移植など進歩した治療法により100%とは言えませんが、殆んどの方が命を落とすことなく完治して元気になっています。

スポンサーリンク

生存率のデーター

急性リンパ性白血病にかかった場合の生存率は、65%〜85%と言われており、5年生存率は25%〜40%となりますが病気の進行や入院先の病院・設備・治療法によって異なり、急性骨髄性よりは確率が少し高いといえます。

急性骨髄性白血病にかかった場合の生存率は、60%〜80%で5年生存率は20%〜30%と言われています。

慢性白血病の場合、慢性リンパ性は0〜Wに病期が分類され、慢性リンパ性の生存率はT期〜U期までが約5〜10年、V期〜W期は約2〜3年と言われています。

慢性骨髄性白血病の場合は慢性期、進行期、急性増悪期となり、慢性骨髄性の場合、慢性期で早期に骨髄移植を行なった場合、5年生存率は50〜60%程度になり後期だと40%前後となります。