白血病の初期症状や治療方法
白血病克服者がお勧めする治療方法や名医に聞く最前線の治療方法も好評。
スポンサーリンク

トップページ> 白血病検査

白血病検査

白血病による検査は、まず最初に血液検査を行い、感染症、脳脊髄、CTをおこないます。血液値に異常が無いかを調べ、数値に異常が診られれば骨髄液細胞の検査を行い更に異常が無いかを詳しく調べて判断する事になります。

この病気は血液の癌になりますが、白血病の検査ではスクリーニング検査は行わず、リンパ節が腫れている場合には、リンパ節から細胞を接種して異常が無いかどうかの検査は行います。

その他にも、膵臓が大きくなっていないかを調べる事が必要な時には、白血病の検査でもMRIやCTスキャンを行う場合もあります。

スポンサーリンク

血液検査と骨髄検査

検査血液検査では、顕微鏡を使って細胞を調べ末梢血に芽球がないどうかを、特に気を付けて観察し、芽球がある場合には、白血病細胞が骨髄から既に出てきているという結果となりますので、ハッキリと病気を明確にさせるために更に骨髄検査を行います。

骨髄検査は、白血病の疑いがある場合に行う検査で、骨盤等から針を刺して骨髄の中の血液を少し採取し芽球が異常増殖や遺伝子異常があるかを調べます。

骨髄中の白血病細胞がFBAで30%を超え、WHO分類でも20%を超えるような結果が出た場合、即入院という事になり直ぐに治療に取り掛かります。

スポンサーリンク

骨髄を検査する場合の方法としては太目の針で仰向けになり肛門から80度くらい斜め上の腰(ベルトをする高さくらい)に注射をして骨髄の液を採取しますがこれは血のような色のものではなく白色に近いものです。採取したものを基準として遺伝子を調べていきます。

子供の場合はお尻の少し上にある腸骨に針を刺し骨髄穿刺をしなければいけません。腕に注射を打つより痛みは軽減できます。

大抵の場合には、血液検査の段階で疑いがあれば引っかかりますので、長引く風邪・頻度の歯茎からの出血や鼻血・アザ・疲労感・発熱等、白血病の初期症状に似た状態がある場合には、早めに内科へ行き症状を伝え白血病検査をして貰う事が大切です。