白血病の初期症状や治療方法
白血病克服者がお勧めする治療方法や名医に聞く最前線の治療方法も好評。
スポンサーリンク

トップページ >白血病症状 >白血病症状微熱

白血病症状微熱

白血病の症状である微熱は多くの方に見られます。
体温より少し高い状態が続き、倦怠感、吐き気、食欲不振など、ほかの様々な症状につながることもあります。

白血病症状の微熱は、そのときの体調によって状態が変わります。1週間程度続く場合もあれば、1日ないし数時間ほどで平熱に戻ることもあります。これは急性・慢性どちらにも見られ、また初期段階で現れることも珍しくありません。

スポンサーリンク

誰でも体調が悪いときは微熱が出ることもあります。このため、慢性白血病を見逃してしまう方も少なからずいらっしゃいます。

主な原因

白血病症状の微熱が出る原因は、主に感染症と免疫力の低下です。白血球は血液中に大量に含まれる細胞ですが、体をウイルスから守る大切な役割を持っています。

これが減ってしまうと感染症を引き起こしやすくなり、喉が炎症を起こし熱が出ることもあります。また、免疫力が低下することによって病気の治りが遅くなってしまいます。

スポンサーリンク

別の病気を発症しても中々治らず、さらに別の感染症にかかったりと、悪循環になる場合もあるのです。

症状と解決方法

初期段階から微熱状態が長引くケースがあるため、白血病のシグナルとして捉えることもできます。一般的に血液検査で発覚することが多いのですが、普段より体温が高い状態が続くなら発症を疑ってみても良いでしょう。

6ヶ月前後で熱や咳、喉の痛み、倦怠感など別の症状も同時に出てきます。これらは一般的な風邪と似ていますが、内出血や歯ぐき、鼻の出血が同時にあるようなら疑ってみる必要があります。