白血病の初期症状や治療方法
白血病克服者がお勧めする治療方法や名医に聞く最前線の治療方法も好評。
スポンサーリンク

トップページ>小児白血病 >小児白血病治療

白血病

小児白血病の治療方法にはいくつか種類があります。
小児白血病で一番多く行われている治療法は化学療法という治療です。

子供は細胞分裂が活発で回復力が高いので、治療薬も強いものが使われます。
効果が強い分、副作用が強くなってしまうことが懸念されています。

スポンサーリンク


副作用

治療小児白血病はアメリカやヨーロッパなどで長年様々な臨床試験が行われ治療薬も改善されてきたので、以前よりは副作用が抑えられるようにはなってきました。

小児白血病の治療薬は副作用が少なくなったとはいっても、人によっては副作用も強くでることがありますので、体のだるさや吐き気などを催したら無理をせず休んだりお医者さんに相談されたりするのをおすすめします。

化学療法で使用した抗がん剤で白血球などを作り出す骨髄が悪影響を受けるのを避けるために、骨髄移植などの移植手術が治療として行われる場合もあります。

スポンサーリンク


骨髄移植

骨髄移植は血液の元になる白血球などを作り出す造血幹細胞やそれを作る骨髄液を移植する手術です。

ドナーからの提供

小児白血病の骨髄液は志願したドナーから提供されます。
このドナーは家族やボランティアの方であることもありますが、患者自身の細胞を使用することもあります。

患者以外の骨髄液を移植した場合、移植片対白血病効果と呼ばれる移植された細胞(白血球)がガンを異物とみなして攻撃する効果が見られることもあります。